AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fumfum Study Concert Ⅶ第3部 その2

50.金谷優里
ショパン:練習曲 作品25-11 「木枯らし」
迫力のあるショパン。テンポも良かった。が、もう少し緩めるところを活かせると、さらに立体的なショパンのエチュードになると思う。大勢の門下生の目で弾く姿勢には頭が下がる。

51.バリトン:橘茂 (ピアノ伴奏:泉 高弘)
①ビゼー:歌劇『カルメン』より 「闘牛士の歌」
②シューベルト:鱒
③シューベルト:魔王
④カンツォーネ:帰れソレントへ
①会場の後ろから登場。観客を瞬時に注目させる橘。たいしたものである。
②軽めのテンポで淡々と歌う橘。しかし味のある鱒であった。この歌が悪い男にだまされるなよ、という揶揄があったとは、橘の解説があるまで知らなかった。
③一人三役の大変な難曲。橘の才能の底力を感じさせる。
④この曲もステージから降りて会場で歌う橘。
歌もそうであるが、しゃべりが面白い。ぜひまだ足腰がしっかりしている間に、橘には東京で活躍していただきたい。

fumfum Study Concert Ⅶ第2部 その2

32.テルミン:喜多 計夫,チェロ:酒井 健雄(HAKA SETARAU)  (ピアノ伴奏:金谷 優里)
①エルガー:愛の挨拶
②ラフマニノフ:ヴォカリーズ with ヴァイオリン:堀江 彩子,ヴィオラ・ダ・ガンバ:田淵 宏幸
①楽しいアンサンブルであった。好みを言わせていただくと、もう少しゆっくりでも、と思う。が、力みのない自然なこの演奏も大変良かった。
②ひょっとして、この組み合わせの五重奏は世界初かも知れない。それぞれの楽器の特徴を活かした、名編曲、名演奏であった。

fumfum Study Concert Ⅶ第1部 その2

3.新川結衣
①ツェルニー:小さなワルツ
②ツェルニー:夏の朝
③ツェルニー:白い貝殻
④ギロック:新しいローラースケート
⑤ギロック:さぁ、ワルツをおどろう
⑥ロペス(白川雅樹編曲):いつか王子様が(ディズニー映画『白雪姫』挿入歌)
①②③元気があってよろしい。間違っても気にしない気にしない。
④⑤この子の長所は細かいことにこだわらないところ。小2。

4.長尾一成
松谷卓:TAKUMI/匠(テレビ番組『(『大改造!!劇的ビフォーアフター』挿入歌
男性は、神経が細かいのである。子供もそれは同じ。一成くんは、細やかな表現を目指しました。それは評価できます。もう少し練習時間を増やしたほうが良いかな。小2。

fumfum Study Concert Ⅶ第3部 その1

49.笛と太鼓:うなてたけし
   書:なずなゆうこ
なんともとぼけた人物と演奏である。一度会ったら、ほとんどの人がとりこになってしまう、そんなキャラクターを持つ彼らである。こればかりは聴いてもらわなあきません。会ってもらわなダメですな。隣の人間国宝に認定されたのもわかります。今後の活躍に要注意、注目です。

fumfum Study Concert Ⅶ第2部 その1

31.喜多計夫 ピアノ:金谷優里
①モーツアルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
②ハロルド・アーレン(広田圭美編曲):ミュージカル映画『オズの魔法使い』より 「虹の彼方に」
③モンティ:チャルダッシュ
①世界初の電子楽器テルミンの演奏。喜多は、のほほんとしたキャラクター。テルミンを演奏するために生まれてきたと言っても過言ではない。こういうゆっくりした曲は、音程がはっきりしない楽器には不利だが、喜多はそのあたりをうまく処理して演奏する。
②力みのないメロディー。どこか、静かな田舎を散歩しているときにおもわず口ずさむような、そんな感じの喜多であった。
③難曲である。クールに演奏する喜多。今後、彼のファンは間違いなく増えるであろう。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。