AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその25

 その試験のあとすぐ、園田高弘先生がさらに、他の教授陣をしかりとばしたらしい。
『なぜ、Aだけ落とすのだ?そんな事をするからひねくれて、あんな、人を馬鹿にしたような弾き方をするのだ。もっときびしく、厳密に採点しなくてはいけない』
 その後、スケールとアルペジオの試験で落第点を取るものはいなくなった。他の教授陣は考えたに違いない。また、誰かを落として、園田先生の怒りを買うのは勘弁してほしいと…。
 私のおかげで、後輩たちは救われた。

「A先生、A先生…」
 生徒が呼んでいる。
 おっと、昔の事を思い出していて、レッスン中なのを忘れていた。
「あぁ、まぁ、それは続けてやっといて…。で、他に…」
 今度は生徒さん、ツエルニー40番を弾き出した。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。