AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその21

 日乃日乃学園では、音楽科はピアノのレッスンとソルフェージュの授業。普通科では大学、短大の保育科に進路を希望する生徒のための授業を担当する事になった。ほかに、放課後、高校の音楽科付属の音楽センターという組織のピアノのレッスンも頼まれた。
 最初のピアノのレッスン。高校1年生だ。緊張する。生徒も緊張しているかもしれない。
 レッスン室に入ってきたのは、ややぽっちゃりした女の子。女子校なので、女の子に決まっているのだが…。
 入ってピアノの前に座ってジッとしている。そのまま1分過ぎた。
「何か弾いて下さい」
 私は威厳を持ったつもりの声で話しかけた。生徒は返事もせずにスケールを弾き出した。スケールとは音階のことだ。スケールかぁ…。私は大学時代に苦い思い出があった。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。