AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその17

 雪中梅のラベル。どこかで…。思い出した。阪急塚口の駅前のワールドという酒屋さんで見た事がある。わたしは、そこで越の鹿六という日本酒をたまに買っていた。自分で選んだのではなく、店の大将の言われるまま買っただけである。味も、雪中梅は越の鹿六に似ていた。今、飲むとまったく違うと感じるかもしれない。
「甘いけど、サラッとしてますね」
「2級酒はもっと甘いです」
 池山先生は静かに答えた。私にとって主水の酒とアテは非常に新鮮に感じた。
「鼎行こう…」
 また、片山先生が号令をかけた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。