AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその8

 日乃日乃学園は姫路から北へ10キロほど行ったところにある。降りる駅は香呂。中学校と短期大学を併設している。1893年創立というから、約100年の歴史を持つプロテスタントのバプテスト派の女子校だ。音楽科の卒業演奏会を聴く前に朝一番の礼拝も見学する事になった。
 礼拝はチャペルであった。チャペルとは学校内にある教会と言ってよいのだろうか。説教とお祈りをするところ。
 私は、校長に案内されて壇上から一番遠い席に座った。ぞろぞろと、紺色の制服を着た生徒が入ってきた。中学校と高校合同の礼拝。当たり前だが、全員女子生徒700人。こんなにたくさんの女性団体を見たのは生まれて初めてだった。なんだか不思議な気分。しかし、その礼拝の終わりにもっと不思議な光景を見る事になる。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。