AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖Bその後その9

 Bは息が苦しくなって顔を少し動かした。
「はい。がまんでちゅよ」
 フランツ・クラインは顔を押さえた。それがいけなかった。
 Bは生まれてこのかた、人に支配をされるのを非常に嫌う人物である。
 フランツ・クラインの手を払いのけた。バランスを崩したクラインはBの体に少しもたれかけてしまった。反射的にBは立ち上がる。クラインはこけた。こけると同時にテーブルをこかした。すさまじい音がした。
 Bの耳が聞こえないと言っても衝撃音は聞こえるのである。びっくりしたBはライフマスクの石膏をはぎとった。こけて、うずくまっているクラインがそこにいた。起こそうとするB。同時にツェルニーも、テーブルを直そうとする。
 そこで、不幸が重なった。Bとツェルニーが今度は接触、二人ともこけてしまった。ガラスのショーケースが大きな音を立てて割れてしまった。そして…。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。