AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖B その5

「へんてこりんなピアノトリオですね。だいたい長すぎます。もっと、完結にまとめれるでしょ」
 パパハイドンがあきれている。
 ひさしぶりのハイドン先生のレッスン。習うことよりも自分の作品を見せて、反応を見ようと思ったB。感心してほめられると思ったのに、思惑がはずれた。
「書き直してきなさい」
 Bはパパハイドンをにらみつけた。
「いやどす。わざわざ、作品番号1番とつけたんどす。自分なりに納得のいく3部作どす。ほんなら違うジャンルで書いてきますどす。今度はそれを見て欲しいどす。どす…」
 Bはなんでこの作品の良さがわかれへんねん、このオヤジ…、と思ったか思わなかったか。
 
 ピアノ三重奏曲 第1番 変ホ長調 Op.1-1/同第2番 ト長調Op.1-2/同第3番 ハ短調Op.1-3。
 Bが書いた作品番号1番の3部作。現代はあまり演奏されないピアノ三重奏曲。しかしこれらは、Bを楽聖と呼ばしめた名曲の数々につながる調性を持つのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。