AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスの雫№6 ブラックニッカその40

「香りはスペシャルの方が太いですね」
 藤田氏は面白い表現をした。太いか。あまり聞かない言いまわしだ。
「味はクリアブレンドが非常に飲みやすいです。スペシャルは口の中で粘るようです」
 私は藤田氏の感想を聞いてから味を見た。なるほど…。クリアブレンドは甘さが前面に出ている。何かサントリーに近い、軽さを感じる。ニッカは本気で売れる方向を模索しているのかもしれない。スペシャルは改めて味わうと非常によく出来たウイスキーだ。かすかにピートもあるようだ。ピート?
「藤田さん、クリアブレンドはピート臭がしないですね」
「はぁ。そうですか。よくわかりませんが、スコッチ臭さが無いという事でしょうか」
「そうです。スコッチのタッチがあまり感じられません」
 竹鶴政孝は北海道の余市に工場を建てた。ピートがその地にある、のが一つの理由であったはず。ニッカウイスキーはピートをやめたのだろうか。もしくは、ピートを用いないモルトが昔からあったのか。はたまた、ピート臭を抜く技術を使ってまろやかにしたのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。