AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスの雫№6 ブラックニッカその16

「藤田さん、そのシューマンのピアノ協奏曲のテーマ、物悲しいといいますか、メランコリックといいますか…、印象的なメロディーなんです」
「マスターはそこをどう感じたんですか?」
「オーボエがね、オーボエ奏者が泣いているように感じたんです」
「感受性豊かなオーボエ奏者?」
「ではなく…、この時にピアニストのディヌ・リパッティは入院中で、起きあがれるどころか演奏会なんてとんでもない状態だったらしい。痛み止めを注射してなんとか本番にこぎつけたそうな…」
「という事はオーケストラの連中と指揮者はその様子を知っている?」
「はい。藤田さん。共演者はこのピアニストが間もなく、近いうちに死んでしまうという事を知っていたはずです」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。