AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスの雫№5 真鶴その18

 それからしばらく河内氏はだまって目を瞑ってしまった。
「思い出しました?心当たりある?」
「……」
「どうしました?気分悪い」
「……」
 河内氏はまったく返事をしなくなってしまった。沈黙が続く。重苦しい空気。
「ふぅ。マスター。もうこの話やめよう」
「何か思い出しましたね。誰に殴られたんですか?」
「わからない。わからないけど…」
 また、だんまり。私もそれ以上追求しないようにした。
「萬膳おかわり。美味しいわ。頭なんてどうでもええわ」
「そうですね。忘れましょ」
「東京にもこの焼酎あるかな」
「どうでしょうね。あってもプレミアがついて高いかもしれませんね」
「……。マスター、もし東京になかったら…」
「ええ。いいですよ。お送りします」
「うん。たのんだよ」
「はい。おまかせを。で、先週、ここでしこたま飲んだ後どこにいかれました?」
「もうええって」
 河内氏は不機嫌そうに横を向いた。
 彼は何か思い出したに違いない。きっと、どこかで酔っ払って飲んでいて、河内節を炸裂させて誰かの気分をこわしてしまったのだろう。もし、後ろから誰かが殴ったのであればホッチキス程度の傷で済んだのは不幸中の幸いか。
「マスター、住所決まったら連絡する。必ず送ってね」
 河内氏は萬膳を再びおかわりした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。