AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスの雫№2 空の鶴その9

 おでんでんは、お殿田と書く。米は徳島県の佐那河内村の棚田で作られる。ここで作られる米は、江戸時代に阿波藩のお殿様、蜂須賀公へ献上されていた。だから、殿様の田んぼ、お殿田。現在は10代目、つまり、作り始めてから10年経つ。私は2年目から参加させていただいた。最初は30名程の会員が、今や100名近くに増えている。参加者は会費を払って、お米作り。ノーギャラどころか持ち出しの会である。よほど、日本酒と農作業が好きでないと続かない。自分たちの納得のいく無農薬米で厳選された水で酒を造ろうと、生まれた酒。
 初代から7代目までは山田錦、そして8代目からは雄町。10代目のおでんでんは米の磨きが80パーセント。ほとんど磨いていない。昨今、磨きの多い日本酒が好まれるが、おでんでんはその逆を行っている。
「うまい。この酒は良く磨いている。純米吟醸ですね」
 お客さんがおでんでんを飲まれて評する。まったくの間違いなのだがそれぐらいうまい。磨き80の日本酒では日本一の酒質と味を持つ。
 空の鶴はおでんでんと似ていて当然の背景を持っていた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。