AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスの雫№2 空の鶴その8

 純米大吟醸、大吟醸、本醸造原酒と、順番に唎いていく。あっさりタイプではない。どちらかというとどっしりタイプ。どこか、徳島で手植え稲刈りをして作っている我らが酒『おでんでん』に似た所がある。
「お米は何を?」
 『おでんでん』は雄町米。米が同じだとは思わないが何か共通点がありそうな気がした。お米は?と聞いて、私は空の鶴とおでんでんの共通点を探ろうとした。
「山田錦と北錦です。すべて自分のとこの田んぼで作ってます」
 !それか。自家製の米。きっと…。
「特別な作りでも?」
「まあ、特別かどうか、無農薬で作ってます」
 酒質は分厚いがきれい。無農薬が関係するかどうかはわからない。奥ゆかしいのか当たり前と思っているのか、おでんでんも空の鶴のラベルにはその辺のことはいっさい書いていない。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。