AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出外伝 磁石

 私の家は玄関と勝手口があります。勝手口はお風呂のガス釜がありました。以前は薪を焚いていたのですが。自転車は玄関に置きます。私は荷台から鉄の塊を下ろして、玄関の隅に置きました。真ん中に穴があいているドーナツ型の鉄の塊です。さて、これはいったい何に使うのかな。子供の感は鋭いもので私は無意識に釘を近づけました。
 パチッと音がして釘は強烈に吸い寄せられました。
『おお。すごい』
 何がくっつくのか実験。私は玄関脇にある下駄箱から道具箱を引っ張り出しました。金槌、ねじ回し、ペンチ、面白いようにくっつきます。
「捨てて来い」と言われるかもと思いながらも好奇心に勝てません。
「不思議な鉄を成田君にもらった」
 母に全部をしゃべらずに事情を話して、財布からお金を出してもらいました。1円、5円、10円、100円はだめでしたが一番大きな50円玉はくっつきました。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。