AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出外伝 初体験

 透明なプラスティック。青色と緑色があります。端っこに支点があってカミソリは出たり入ったりします。私は手にとって見ていました。
「泉、そんなに気に入ったなら持って帰ろう」
 横山は急に小さな声になりました。
「それは、泥棒?」
「お金が出来たらまた持ってくればいいのさ。とりあえず…。な。俺が持って出てやる」
 横山は右手を出して陳列してあるカミソリを手にとろうとしました。
「待って。横山くん。待って…」
 私はそう言って自分が手に持っているカミソリをズボンのポケットに入れました。
 二人はそのまま静かに文房具屋さんを出ました。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。