AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出外伝 振動

『ガタンドタン』
 やっぱり、トラックの荷台はかなりゆれます。
「伏せろ」
 熊地が急に叫びます。私は腹ばいになりますが揺れる度に鼻を床に打ちます。
「もういいよ」
 ふうっと吐息をついて上体を起こしました。
「あれれ、泉、鼻血」
どうやら、鼻を打った時に中を切ったようです。
「顔を下にして伏せたらあかんやんか。伏せてすぐに顔を横に向けな」
 熊地は派出所の前を通る度に伏せろ伏せろと命令しました。30分も走ったでしょうか。
「泉君、着いたよ」
 熊地のお母さんが幌を上に開けてくれました。
「大丈夫?」
「ええ。全然平気です」
 顔はかなり痛かったのですが私はにっこり笑って答えました。
  
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

 番長ではなかったと思いますが・・・
 よく、大阪までラーメンを食べにいったこと
 を覚えてますね。
  今、三菱で何とか設計の仕事をしてます。

 また、一度会ってみたいもんですね。

書き込みありがとう

うれしいっす。熊地くんありがとう。よく見つけれましたね。小学校からピアノを弾いていた私は今でも細々と続けています。お酒の趣味が高じてバーをしています。会いましょうね。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。