AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下森佳津美&竹内永和リサイタル

 2007年3月29日、兵庫県立芸術文化センター小ホール。ギターとピアノは音色的に合い難く同じ鍵盤楽器ならチェンバロがふさわしい。と、思いつつコンサートに出かけました。会場には知った顔がなく寂しい思いをしてましたがダイエット仲間の坂坂さんに会えました。最初は竹内氏のギターソロから始まります。この、演奏家の暖かい人柄と音楽の造詣の深さがうかがえます。ピアノとのデュオは、結論から言って私の心配しすぎでした。下森氏は音量をわざと、不自然に押さえることなく、淡々と音楽を作っていき、ギターがそれに乗っかっていくという感じ。想像以上にデュオを楽しめたのは予想外でした。また、この小ホールは意外とギターのような小さな楽器に音響があっているようです。後半は下森氏のピアノソロから。プロコフィエフのバレー音楽の「ロミオとジュリエット」のピアノソロバージョン。破綻のない下森氏。難曲を苦もなく弾きこなします。ちなみに下森氏を、小学生の高学年から高校卒業まで私が面倒を見ました。面倒を見たといっても才能豊かな彼女がスクスク伸びて行くのを邪魔しないように横で見ていただけですが。彼女が高校3年生の時、大学の進路相談を受けました。
 「日本の大学に行くことはないでしょう。ジュリアードか、パリに行けば…」
 彼女は根が素直なのでしょうか。そのままパリに行ってコネもなくフランス・クリダやジャック・ルヴィエのような大物に師事し、簡単に国際コンクールに優勝してしまいました。自然体でピアノを弾ける数少ないピアニスト。竹内氏とのデュオが今後どのように発展していくか。将来が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。