AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出その12

 きっちりと真ん中をあわせて…。きっと先端のおもりの部分もいつもは重すぎたかも…。親指のつめを使ってきれいに折りました。
 『ふむふむ。上出来』
 本橋先生はまだ黒板に向かって何やら書いてます。
 『先生に向かって飛ばしてみよう。あまり強すぎると先生に当たってしまう。当たるとまた怒るのに決まってる』
 私は今、授業中というのを忘れて静かにふわっと紙飛行機を飛ばしました。力まないのが良かったのでしょう。紙飛行機は真っ直ぐ本橋先生に向かって飛んでいきました。
 『やった。真っ直ぐ飛んだ』
 私はわくわくして紙飛行機の行方を目で追いかけてました。紙飛行機はやや右に進路を傾けて黒板に近づきました。昔の小学校の授業は静かだったんです。騒ぐ子もいなければ自分の席を立ってうろつく子もいません。
 「コトッ」
 黒板に命中。小さな音が教室中に響き渡りました。本橋先生の右手が止まりました。子供の私にも空気が読めます。ピンと空気が緊張しました。
 「バサッ」
 紙飛行機は床に落ちました。
スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。