AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出その7

 アホ扱いされた私は、覚えてないんですが、両親が言うには、たたみに頭をこすりつけて土下座をしたらしいです。ピアノが欲しいと。
 「あかんあかん。そんなたのみかたしてもあかんもんはあかんねん」
 父は冷たく言い放ったことでしょう。
 しかし、その週の日曜日、両親は阪神尼崎にある新響楽器に行きました。親馬鹿なんでしょう。息子があまりにも強烈に頼むので見に行こうと思ったらしいです。
 「ピアノですか?このヤマハのU1が18万円です。これが一番売れていますよ」
 と新響楽器の販売員の言葉。18万円は父の手取りの約5倍だったと聞きます。
 「そんなにお高いんですか…」
 両親はあまりにも高かったので手が出ないし買わずにすんだと帰ろうとしました。いつの世でも買う気のない客に物を売りつけるのがプロのセールスマン。
 
スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。