AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出その1

 体重は81.5キロで変化なし。杜仲茶ばかり飲んでる現在進行形のブログもつまらないでしょう。今日から少し思い出話。
 ベートーヴェンに最初に出会ったのは「エリーゼのために」です。
 皆さんピアノをしようがしよまいが、多くの人がこの名曲をご存知のはず。え?名曲?間違いなく名曲です。この曲に匹敵するのは鉄腕アトムの歌ぐらいでしょうか。
 「エリーゼのために」は小学校2年生の時に近田先生に習いました。近田先生は某国営放送局のアナウンサーです。ピアノはどうやらご趣味で弾いてたらしい。外国人みたいに鼻が高く、動きはとても優雅でした。ご自宅は甲子園口にありました。私の家は尼崎の上の島。週に1回、自転車でせっせと通ったものです。間に武庫川があります。昭和40年の上武庫橋はなんと木と土で作られてました。所々穴があいていて怖かったんですよ。
 
スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。