AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッコロ劇団 「さらっていってよピーターパン」

 2006年12月24日兵庫県立芸術文化センターの中ホールでありました。ファミリー向けのお芝居ですが大人も楽しめますよというTさんのお勧めで見てまいりました。ピッコロ劇団は1月の忠臣蔵以来約1年ぶり。もともとミュージカルを主とする劇団ではないはず。お芝居に音楽と歌がくっついていると思うと十分楽しめます。ピーターパン役の奇異 保さんがかなりユニークな味を出されていました。たぶん私と年齢が近いはず。腰が痛いと言いながら芝居をなさっているのは本音100パーセントでしょう。力を感じさせる芝居をなさる俳優さんが多いので、歌の上手下手というより説得力のある歌を歌う、もしくは録音する方向で工夫すると一ランク上の本格ミュージカルの仲間入りに一歩近づけるのではないかと思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。