AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№281

 甲風園は地震の影響をあまり受けていなかった。鉄筋のビルが多いからか、地盤が固いからなのか。
 トップウインのある北口市場付近にある飲食店はどれもかなり個性的だ。流れ者屋、吾妻寿司、CBCB、磯辺、カリズマイ。ほかに怪しげなエスニック料理屋、スナックのようなお好み焼き屋、シャモ料理屋等。教員時代にもこのユニークな空間が好きでよく通ったものだ。対して甲風園のほうは大きな居酒屋、中華料理屋、ステーキハウス、イタリアン、大型電気店。よく言えば正統派、言い換えれば没個性。しかし歩く人の数は圧倒的に甲風園が多い。
 「甲風園の駐車場?どのあたりですか?」
 「サシスセソの向かいです」
 「バーの?」
 「ええ」
 サシスセソは北口では一番古いバー。しかも繁華街としてはにぎやかなほうだ。その場所で営業できる。文句のつけようがない。
 「他の店の方はご存知で?」
 「ええ。順次お伝えしています。1階は使えないんです。2階から4階で決めていただきたいのですが…」

 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。