AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№266

 サントリーのワインスクールに3ヶ月ほど通った。自分にとっては初体験のことが多く目新しいことばかりだった。ソムリエの試験など受ける気はさらさらなかった。が、このワインスクールに来ている面々のほとんどがソムリエの試験を受けるという。ソムリエ試験とはどのようなものか少し興味がわいた。過去のソムリエ試験の問題を調べることにする。傾向がわかるだろう。紀伊国屋で買った。読んだ。解いてみた。さっぱりわからなかった。ブルゴーニュ地方のロマネ村のジョセフさんの履いている長靴の色は?私にとってはこのような内容に思えた。燃えてくる自分がわかった。よし。受けてやろう。それからまじめに過去の問題集を中心に勉強しだした。なーに、受験勉強はお手の物。簡単に合格するだろう。中藪啓示のお連れさんのめるちゃんも最近ワインに興味を持ちだしている。ソムリエ試験を一緒に受けようと誘った。彼女もその気になった。
 1次試験、2人とも合格。
 2次試験、2人そろって落ちた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。