AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廣澤敦子・藤村匡人ジョイント・リサイタル

 2006年8月20日、神戸の東亜ホールで開催されました。客席数は250前後でしょうか。本日は満席。それで、ややデッドな響きになったようです。廣澤さんは曽我淑人門下。私と同門です。来年の8月22日に西宮北口の芸文センターで曽我先生と廣澤さんがジョイントコンサートをされます。私はそのピアノ伴奏。で、今日は廣澤さんがどのように歌われるのか興味深々で聴かせていただきました。マーラーの音楽は心の深い深いところまでえぐっていきます。ヘタをすると肩に力の入った陳腐な表現に陥ってしまいます。廣澤さんと藤村さんは、きつい表現とユーモアのセンスを併せ持った、自然体な音楽を描き出していました。それこそが一番難しいところであります。お2人とも聴衆を楽しめさせる力量の持ち主で、来年の伴奏が楽しみです。今日のピアノは長谷智子さん。かなり難しい譜面だったはずです。表に出すぎることなく2人をリードしていくテクニックはなかなかのものでした。このグループの今後の活躍が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

今日はありがとうございました。こんな素敵な感想を書いていただき、恐縮です。
ちょうど1年後のコンサートになりますね。真夏のコンサートは体調管理が大変です~!
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。