AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№215

 「フォアローゼスブラックのソーダ割を」
 まっちゃんが飲みなれているバーボンソーダを注文した。
 「ほうほう…」
 マスターが口を尖らせて意外というような顔をした。
 「え?なんで?何か不思議ですか?」
 不安になって訊ねた。
 「いやぁ。泉さんのお店のお客さんでしょう?まっちゃん?フルーツをふんだんに使ったカクテルを飲まれるのかと思って…」
 またまた予想外な答えが返ってきた。何故私の店のお客さんはフルーツのカクテル???
 「泉さん」
 「はいっ」
 「お店に一杯、カウンターの上にならんでいたよ。グレープフルーツにオレンジにレモンか…、ああ、ライムも一杯あったなぁ」
 「?????」
 「オープン前だったんだね。鍵がかかってたよ。入り口がガラス張りなのでカウンターが良く見える…」
 「いつ?いつですか?来てくださったんですか。冷たいなー。待ってて下さいよ」
 「いやぁ。まだまだ交通状況が悪い頃で…。ま、帰れる間に帰ろうと思って…」
 交通事情が悪い?地震の後、すぐに来てくれた?
 「3月ごろだったかな。国鉄で大阪まで出て阪急に乗り換えて…」
 「阪急がまだまだ復旧していない時ですよね」

 
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

地震

ゴジラがなぎ倒した様・・・は私も地震を目の当たりにしていない人に説明するのに使っています。私は地震当日三宮のマンションにいました。実家が西なので 家が壊れて歩いてきた友人他あわせて3人で一晩過ごし、自転車で電車が動いている西明石まで移動しました。三宮より東へは2月半ばに行ったのでしょうか。かなり被害を受けていたことを改めて知りかなり驚いたことを思い出します。そんな中でバーを訪ねて来るマスターも素敵ですね。Topwinは何でもあり(どこでもドア的)なのですよね。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。