AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№190

 翌日、開店早々に中山君が来てくれた。昨日のお礼を言った後、
 「びっくりしました」
 「だろうね」
 「何かヒントください」
 「屁理屈かもしれない」
 「はぁ?」
 「カクテルって?」
 「酒と酒と混ぜて新しい味を作ることですよね」 
 「間違いない」
 「…」
 「水割りもウイスキーと氷と水…」
 「…」
 中山君はだまってこちらの話を聞こうとしている。
 「私たちは音楽のプロだろ」
 「はい。収入は別にして…」
 「中学生や高校生の時のような情熱を…、音楽に未だに持ってるかな」 
 「ううん…」
 「酒は?」
 「…」
 「人に負けない情熱を持ってるよね。こだわりというか」
 「はい」
 「水割りもカクテルを作るときのような繊細な神経と優れた技術がいると思う」
 「わかります」
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

解説

なんと、コメントにラテン語が…。教養豊かな方なんですね。
Amoris vulnus idem sanat, qui facit.
「アモーリス・ウルヌス・イーデム・サーナト・クィー・ファキト。」と読みます。
「恋の傷をつくった同じ人が、(恋の傷を)癒すことができる。」
「自分に恋の傷を負わせた相手でないと、その傷は癒すことはで きない」の意味になります。
出典は Publius Syrus.です。

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。