AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№180

 年のころは30才前後か。大きな眼鏡の奥の目がくるくる回る。同じように頭の中も回っているのだろう。相変わらずひっきりなしにしゃべっている。私はしゃべるのが苦手。お客様皆さんがこのように自由に話をしてくれたらバーの運営は楽なんだが。人によってはこちらが話しかけるのを待っている方もおられる。私は元来話好きではなく話題も豊富なタイプではない。彼が面白そうに話し続ける姿を見てうらやましくなった。
 「で、マスター、このバーは何時まで?」
 「一応2時までという事にさせていただいてます」
 「あれ。もう、2時半か。そんなにいたかな」
 2時間連続独演会。
 「じゃー」
 「お客様、お住まいはどちらで?」
 「武庫之荘の北側」
 「武庫之荘の駅の南に鉄板焼きというかお好み焼き屋さんがあるんですが」
 「何ていうの?」
 「クッキングです」
 「知らないなぁ。マスター武庫之荘詳しいの?」
 「はぁ。まぁ。ごいっしょにどうですか?」
 「うん。行こう行こう」
 彼は話すテンポと一緒、躊躇なく決断する。普通、初めて来たバーの店の者に誘われると少しは考えるか、断るものだろう。私も何故、初対面の彼を食事に誘う気になったのか未だにわからない。
スポンサーサイト

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

僕も喋れる人うらやましいです。

私は一人でも喋り続けてるので静かに出来る様になりたいです。

んだべ

しゃべれない人にとってはおしゃべりできるのがうらやましいけれど…。チェブさんみたいに静かにをあこがれる人もいるんだなぁ。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。