AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№179

 「なんで、何で知らなかったんだろう」
 大きな声を出して小柄な長髪の男が入ってきた。
 「こんなところにバーがねー」
 まだ言っている。甲高い声だ。
 『こんなところで悪かったな』
 「なにしようかな」
 グループサウンズといえば古すぎるか。そんな香りのする男だった。
 「とりあえずビール」
 12時を過ぎて誰もいなかった。そろそろ帰り支度をしようと思っていた矢先。
 「おっかしいなー。気が付かなかった。最近?ずっと前からではないでしょう?」
 「地震の少し前からです。去年の11月オープンです」
 「ふーん。この前は良く通るんだけどね」
 きょろきょろと珍しそうにボトルを眺めだした。
 「カクテルもできるの?」
 「はー、まー、なんとか」
 「神戸のルルのマティーニはおかわりをする度に味が違う。わざとだと思うんだけど…」
 「はー、そうなんですか」
 またまたルル。バーマニアはルルが聖地のように話す。
 「マスター、行ったことあります?」
 よくしゃべる男だ。今までのバーマニアとはカラーが違う。思っていること、知っていることを全てさらけ出すタイプかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

進みましたね!期待してます☆(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。