AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団第40回定期演奏会

2006年6月18日、尼崎市のアルカイックホールでありました。題目はハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」とマーラーの交響曲第9番です。「仮面舞踏会」はどこかポランスキー監督が映画に使いそうな不気味さを持った曲です。指揮者の田中一嘉はその暗さを誇張することなくうまくまとめました。組曲の2曲目はソロヴァイオリンとクラリネット、ホルンの掛け合いの難しい曲です。その掛け合い、聴き手が楽しめる水準まで完成されていました。ぱちぱち。
マーラーの第一楽章を田中と宝塚市交響楽団は人生の迷い、あきらめ、はかなさ、矛盾といったマイナス面の感情を弦楽器を中心に金管の分厚い響きでうまく表現していきました。この交響曲の中心。あまりの熱演にヴィオラが故障してしまったようです。第2楽章は楽観的で軽やかなしかし、どこかすねてはすに見ている3拍子とリズムに田中はまとめていきました。第3楽章は迷いのない強い意思と決意を感じさせる演奏でした。第4楽章はこれぞマーラー。アダージョに深い悲しみ、後悔、ざんげ、いちるの希望、人間の弱さとそれらを包みこむ愛と昇華。皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。あまりの熱演に身体がしびれて動けませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。