AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№159

 武庫川を越えると世界が違うとよく言われた。尼崎は比較的震災の影響が少ないと。しかし。ひどく被害を受けたところはたくさんある。阪急武庫之荘駅の南にL字に近く曲げてつくられたマンションがあった。震災でLの付け根から真っ二つにわれた。倒壊はしていないが近づくのもおそろしい。前に立つと今にもこちらに向かって倒れてきそうだ。当然その付近の道路は通行禁止になっているが。先日そのマンションのオーナーと称する男がトップウインにやってきた。わずかな酒代、払い渋って泣いていた。中藪啓示がなぐさめた。男はよりいっそう号泣した。どうやら啓示は人を泣かすのが得意、趣味のようだ。男は10分ばかり号泣してすっきりしたような足取りで帰っていった。L字のマンションを見るたびにその男と啓示のやり取りを思い出したものだった。
 めざすバーはそのマンションから東へ200メーター程行った路地裏にある。店名を北斗という。朝の5時まで開いていた。スキンヘッドの強面のマスターだが私の事を先生、先生といって慕ってくれた。まだ現役の高校教員。自己紹介もしていない。私の空気がマスターに先生と呼ばせたのであろう。
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。