AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊嶋泰嗣のニューイヤーストリングス

 豊嶋泰嗣(とよしまやすし)は西宮北口に出来た兵庫芸術文化センター管弦楽団のコンサートマスターです。輝かしい経歴の持ち主です。でも一番私がうなったのは、園田高弘とのベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲をレコーディングしていると本人から聞いたときです。あのきむずかしい天才ピアニストとデュオを組めるなんて並大抵の才能と神経ではないことが推測されます。
 さて、豊嶋泰嗣のニューイヤーストリングスは1月7日に兵庫芸術文化センターの小ホールで演奏されました。第九を聴いた大ホールは自然で豊かに響いてました。小ホールは、これも400人収容のホールとしてはこじんまりとしていい感じです。私は演奏者たちのバックで聴きましたがやはり正面で聴いたほうがよさそうです。反響版がない分、響きが分散されてしまうような気がします。
 ヨハン・シュトラウスの美しく青きドナウから始まりました。これほどのヴァイオリニストでも最初は少し硬くなるのかもしれません。でも5,6分も演奏すると聴衆をぐいぐいと引き込んでゆきます。ノリのいい演奏と言ったほうが分かりやすいかもしれません。小編成のウインナーワルツははじめて聴きました。団員が高い技量をもっているので十分楽しめます。聴いていると兵庫芸術文化センター管弦楽団のメンバーが豊嶋氏を慕っている、もしくは尊敬しているのが分かります。武満徹のノスタルジア、モーツアルトのデイヴェルテイメントと演奏されましたが、武満徹が特に秀逸でした。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。