AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№63

 一番左端の席にまさちゃんがニコニコ笑ってこちらを見ている。オールドパーをオーダーしたお客様もまさちゃんも私の焦りに気が付いていないようだった。よし、まさちゃんに吾妻寿司で箸を借りに行ってもらおう。
 「まさちゃん」
 「はぁーい。なぁーに」
 「吾妻さんに行って割り箸をもらってきて」
 「え?どうして?なんで割り箸がいるの?」
 あぁ、どうしてまさちゃんは急いでいる時にそんな質問をするのかな。私は声をひそめてしかしきついニュアンスで彼女に言った。
 「水割りを作るのに使うの」と。
 「はぁーいぃ」
 彼女は店を出てすぐに走り出した。ほっ。何とか時間稼ぎをしようっと。私は氷を割ったり冷蔵庫を開けたり閉めたりして格好をつけていた。
 「はい。吾妻さんがこれ持って行ってって」
 まさちゃんが半分息をはずませながら私に近づいてきて右手を伸ばした。あぁ、なんと。それは。吾妻の大将が焼酎のロックを作る時に使う、小さな泡だて器。大きすぎます。それではグラスと氷の間に入りません。
 「いいから割り箸、もらって来い」
 あーあ。お客様全員にマドラーがないのがばれてしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。