AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノのレッスン その3

子供はだいたい、ほとんど正しい奏法をする。だから、ほっとけばよいのである。
指の形から教えるのは間違いである。
ピアノもほかの楽器でも、大切なのは脳みそである。
頭のよい子はすぐに弾ける、演奏できる。
だが、年齢を重ねて、複旋律になると弾けなくなる子が出てくる。

では、その場合どうすれば良いのか。
答えは簡単。ピアノは向いていないので止めれば良いのである。

が、それだとピアノを教えて生活をしている、もしくは小遣い稼ぎをしている先生にはダメージがあるかもしれない。その場合、その子が弾ける範囲内で弾かせるのが良い。なにもバッハが弾けないとダメなわけではない。
その子に合った曲を選ぶのもピアノ教師の大切な仕事である。

         続く…。


 
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。