AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3にこだわるコンサート その2

2013年10月5日
於:伊丹アイフォニックホール 大ホール
バリトン:橘茂
音登夢(おととむ)
 ヴァイオリン:木村直子
 チェロ:木村政雄
ピアノ:金岡優子
アンサンブル編曲:木村正雄

シューベルト3大大歌曲
 冬の旅より
おやすみ:シューベルト最高傑作の一つと言われている冬の旅。おやすみは第1曲目である。橘はつぶやくようにゆっくりめのテンポで淡々と歌う。寂しさ、悲しさ、孤独を暗示させながら。木村の編曲も秀逸であった。
菩提樹:深い深い3拍子。おやすみからの共通する固い意志を橘は、内面に隠しがら表現する。泣いた聴衆も少なからず、いるのではないか。 
春の夢:老いを感じるようになる昨今。橘の歌は心に沁みる。大学在学中、私も含めて友人たちほとんどが勉強漬けの毎日であった。遊ぶことは皆無と言っていい。が、確かに青春はあったのだ。その時代を思い出させる橘の歌だった。懐かしいが悲しい。もう聴きたくない。でもまた聴きたい。ジレンマの橘・音登夢・金岡シューベルト。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。