AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fumfum Study Concert Ⅵ 第1部まで

fumfum Study Concert Ⅵ
2013年9月7日
於:イコーラムホール
朝11時から午後4時40分までのロングランコンサート。
年々レベルが上がっているのは、大変評価できる。
今回は大人の演奏を一人一人の簡単な批評を書き綴っていきたいと思う。

ショパン:ワルツ 第10番 作品69-2
ピアノ;羽谷 都史惠
 ショパン独特のメランコニックな出だしを羽谷は肩ひじ張らず、自然な成り行きで表現していく。明るく、しかしどこか陰のあるこのワルツを羽谷はショパンの香りを大切にしながら弾き切った。

アルチュニアン:トランペット協奏曲
トランペット;高木 修一 ピアノ;金谷 優里
 戦後間もなくソ連で書かれたこの協奏曲は美しいメロディーと民族的な色彩を持つ。金管楽器で難しいのは軽く遠く音を飛ばすことにある。今回、高木は、それを見事に実現して見せた。並大抵の努力では到達できないレベル。高木に大きな拍手を送りたい。

ショパン:雨だれ
久石譲:Summer(サマー)
ピアノ;穴口 達也
 穴口は独学でピアノを弾いているという。そう、好きだったら、弾きたかったら師匠はいらないのである。習わなくても、ここまで弾けたら充分せあろう。宮崎駿作品は久石譲がいてこそ成立する。後述する松本理昴のリコーダーも穴口がいてこそ成立するのではなかろうか。穴口とはそういう存在感のある男である。

チャイコフスキー(プレトニョフ編曲):演奏会用組曲『眠りの森の美女』より 「プロローグ」
ピアノ;川野 千夏
 作曲も勉強したという川野の演奏は、なるほど立体的な表現に満ちており、説得力に富む。クールな中に秘めた情熱を感じる。機会があれば古典も聴いてみたいと思った。

ショパン:スケルツォ 第1番
ピアノ;池田 敦
 古典から現代音楽まで幅広く演奏するスーパーピアニスト。すぐに弾けてしまうので、あまり練習しないのかもしれない。が、彼が本気を出したら、どんな世界が広がるのか。たいへん楽しみである。個人的には武満徹を取り上げていただきたいと思っている。

ラヴランド:You Raise Me Up(ユー・レイズ・ミー・アップ)
ヴァイオリン;佐野 友紀 ピアノ;羽谷 都史惠
 アイリッシュメロディーを感じさせるこの曲は、ロンドンデリーの歌をもとに書かれた。非常に美しメロディを美しいヴァイオリニストがおおらかに歌い奏でる。美形ファンのおっちゃんはすぐに友達になろうとするであろう。

ベッリーニ:オペラ『夢遊病の女』より 「気も晴れ晴れと」 
ソプラノ;嶋田 真佐子 ピアノ;金谷 優里
 ベッリーニは34才で生涯を終えた超天才である。この曲は派手な表現が少ない分、非常に難しいアリアである。嶋田は淡々と心に沁みるようにしみじみと歌い上げる。元々歌唱力のあるソプラノ。次回も楽しみである。

大島ミチル:風笛~あすかのテーマ
カッチーニ:アヴェ・マリア
モンティ:チャルダッシュ
リコーダー;松本 理昴(みちたか) ピアノ;穴口 達也
 非常に楽しめた演奏だった。リコーダーは古くて単純な楽器。表現の幅を考えると不利な楽器といえる。しかし、松本は時には草笛のごとくシンプルに、ある時はフルオーケストラにも負けない情熱的な演奏をした。もう一度聞きたくなるコンビであった。

タンスマン:ファゴットとピアノのための組曲
ファゴット;山根 乙幾(いつき) ピアノ伴奏;金谷 優里
 タンスマンは作曲家でありながら大変腕達者なピアニストであった。それ故にこの組曲もファゴット、ピアノ、ともに非常な難曲である。現代曲でありながら美しいメロディー、幾何学的なリズム、そして民族的な色彩を持つこの曲を、山根、金谷両者は見事に演奏した。聴きごたえがあり説得力に富むタンスマンであった。

ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ 第1番
ヴァイオリン;堀江 彩子 ピアノ伴奏;金谷 優里
 ヴァイオリニストにとってバロックほど難しい曲はないのではなかろうか。いや、他の楽器、歌にしてもしかり。バロックは難しい。ごまかしがきかないのである。ロマン派は、うまくすればごまかせる。現代音楽は、聴衆がほとんど知らないのだから、大きな間違いをしてもバレにくい。堀江は丁寧に、はったりなく、淡々とヘンデルが持つ美の世界を展開していった。彼女の性格、内面もこのように美しいのであろうと感じさせる響きであった。
      以上、第1部まで。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。