AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・パッションと指揮 その26

 その代表として、スヴャトスラフ・リヒテルとスタニスワフ・ヴィスウォツキ:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をあげることができる。今回の演目と同じくラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。1959年の録音である。
 スタニスワフ・ヴィスウォツキは巨匠とは言えないが、当時ポーランドを代表する新進気鋭の指揮者であった。破綻のないみごとな演奏である。ピアニストと指揮者が、全く新しいロマンチックなラフマニノフ像を作り上げた。それが今日まで、この曲の演奏の教科書のように君臨し続けている。リヒテル44才、ヴィスウォツキ38才であった。
 
 本日の演奏会、指揮者がピアニストに合わせようとした。そして、オーケストラ自体も合っているのかどうかを非常に気にしていた。結果、ピアノにも合ってなかったし、オーケストラは、ずれてしまった。
 どうせ、くずれるのなら、細かいことを気にせずに、大きな音楽で、火花を散らす競演をするか、息の合った共演を見たかった。
 江里の才能はどちらの場合にも対応できたはずである。

 慶州苑で焼肉を食べ始めてから1時間ほどして江里と藤井が来た。
「ベートーベン聴かずにごめんねー」
「ビールの誘惑に負けちゃったのー」
 誰ともなく言い訳の言葉が二人に浴びせられる。
「いえいえ、僕たちもビールを」
 藤井がビールをオーダーして改めて乾杯。
 
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。