AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・パッションと指揮 その8

「こちら、ゆりりんこさん…」
 ジョルジ氏が私のバーで紹介したのは小柄な女性。
『は?ゆりりんこ?はー????』
 ゆりりんこからは正体も実態もわからずツイッターでフォローしてくれと申請されたり、ミクシーで友達になっていたりしていた。
「えっと。ゆりりんこさん?あのツイッターの?」
「はい。そうです。以前にも一度、ジョルジ先生につれられて…」
 静かに話す目の前の女性。どう見ても30前後だ。
「あ、あ、あ、すみません。びっくりしている私を見て驚いてらっしゃると思いますが、ゆりりんこさんって50くらいかと思ってました」
「えー、それはないどす」
 ジョルジ氏がおかしな大阪弁で答える。
「食べ物のブログとか書いて有名な人なんどす」
 続けて解説するジョルジ氏。
 私はゆりりんここと金谷優里が、自分の知り合いと知り合いなので自分の知り合いと同じような年のおばはんだと信じ込んでいた。

「インド料理がいいな」
 リクエストする金谷。瞬間、昔の記憶を思い出した私。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。