AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団第52回定期演奏会

宝塚市交響楽団第52回定期演奏会
2012年10月14日(日) 14時開演
於:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
指揮:鈴木 豊人
ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー 前奏曲
モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調「ハフナー」
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調

ワーグナー
この前奏曲で楽劇の真髄を表現しようとしたワーグナーの意図をよく汲み取った鈴木豊人ワーグナーでした。久しぶりに自信満々の宝塚市交響楽団を見た気がします。

モーツァルト
弦楽器が聴こえにくいので2階席に移動。ウンウン、よく聴こえるようになりました。
弦楽器のユニゾンをよく使うモーツァルト。基礎の出来ていないオーケストラにとっては恐怖かな。それはピアノ曲にも言える。知ったかぶりの評論家はモーツァルトは易しいと言いますがね。
この交響曲のアンダンテ、メヌエットを共に軽快なテンポで演奏。鈴木モーツァルト、気持ち良く楽しめました。

ブラームス
ブラームス=しかめっ面、渋い、impotentといった印象が一般的。が、このブラームスは、青春、陽、恋、楽天的な表現。思えば、この交響曲、着想はブラームス20代前半だった。
いつもは、どちらかというと管楽器が巾をきかせてるこのオーケストラ。本日の定演は弦楽器主体の曲目。弦楽器、よく頑張りましたね。
鈴木豊人と宝塚市交響楽団、相性良いのかも。
これからも、今日のように聴衆がたのしめるプログラムに取り組んでくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【宝塚市交響楽団第52回】

宝塚市交響楽団第52回定期演奏会2012年10月14日(日) 14時開演於:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。