AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その170

 ピザアンドパスタトップウインはビルの2階にある。1階もマスター氏経営の店。名は桜咲くころ。出し物は焼き鳥と馬刺しである。はっきり言ってへんてこりんな名前だ。
 マスター氏が日本一の焼酎と認めている芋焼酎に万膳があった。認めているとは正しい表現ではない。尊敬している敬愛しているマスター氏。その万膳を醸していた杜氏の口癖から店名をいただいた。
『そつ(焼酎)は桜咲くころがうまい』
 杜氏の名は宿里利幸。秋に作った芋焼酎。半年寝かして春に飲むのがうまい、という意味である。
 夕刻、その桜咲くころの入り口に女の子が佇んでいた。
「店、5時からですよ」
「いえ、いえ。いえいえ」
 にっこり笑いながら否定する。
「ん?では?」
「このアルバイト募集の張り紙で…」
「ああ、働きたい?」
「はい。面接お願いします」
「ええよ、入って」
 だいたい何事にも適当なマスター氏は店内に招き入れて面接を始めた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。