AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その162

 菜は、それから30分連続でしゃべり通した。新しいお店の立ち上げ。菜はたいへん興味があった。実は条件なんてどうでもよかったのである。楽しく働きたい。好きにメニューを考えたい。この話はそれにピッタリだった。弟のアドバイスでこちらの言い分を聞いてもらおうとしたのが間違いであった。それに気が付いた菜は必死で話した。この職場に期待すること、楽しみにしていたこと、一生懸命すること…。
「ああ、わかりました。では、最初は手さぐりでいいのですね?」
「はい。よろしくお願いします」
「で、お給料ですが、売り上げの10パーセント+10万円でよろしいか?」
「よくわかりませんが、お任せいたします」
 マスター氏、この子、よくしゃべるなー、という印象を持った。口下手に見えるのに、こちらに呼吸の間も与えずにしゃべり続ける。
「では、今のカフェを辞める方向で動きます」
 菜は後には引けないセリフを口にした。
「ええ、5月をめどに」
「はい」
 菜はにっこり笑った。後、3か月以上ある。急にやめるとは言わないで済む。2003年2月のことであった。
   
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。