AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その152

 お客様の入りも悪くない。でも、オープン前に試算した売り上げからははるかに低空飛行の現状。Gカフェのオーナー氏は腕を組んでパソコンをにらむ。
「どうかなさいましたか?」
 閉店後、難しそうな顔をしているオーナー氏にたずねる福田さん。
「初期に予定していた売り上げの半分しかない。赤字決定。どうする?」
 福田さん、開いてるパソコンを見る。
「宣伝不足の感もあります。ここは隠れ家的なカフェ。隠れてしまいすぎかもしれません。任せてください。なんとかします」
 なんとかする、の言葉を信じるしかないオーナー氏。
「なんとかなるんか?」
「私に考えがあります。今少し時間をください」
 口をへの字に結んでうなずくしかないオーナー氏であった。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。