AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚交響楽団第49回定期演奏会

宝塚交響楽団第49回定期演奏会
指揮:田中一嘉
2011年5月15日(日曜日)14時開演
於:アルカイックホール

メンデルスゾーン:真夏の夜の夢序曲
テンポの揺れ、なかなか素晴らしい。指揮者の力量。塚響もうまくついていってる。今日は期待できるかな。金管はもう少し自信もって吹いていただきたいなぁ。

ブラームス:ハイドンバリエーション
地味で、ついつい退屈なの演奏になりがちだが、堂々とした内容であった。田中先生素敵です。

シューマン:交響曲第2番
第1楽章:長調なのになぜか暗い出だし。しかも3拍子。既成にとらわれない曲を作ろうとするシューマンの意欲が見える。ブラームスはシューマンの影響を多大に受けた作曲家であるが、シンフォニーに関してはそうではないなぁ。弦楽器大活躍の楽章。
第2楽章:こういったスケルッツォの楽章を見事に演奏できたら、塚響は超一流のアマチュアオーケストラになるんだけどなぁ。惜しい。でも、なかなか良かったんだよ。今後、超一流を目指して頑張ってほしい。
第3楽章:ボリフォニーは難しいね。音程が決まらないと格好つかないし。シューマン、ピアノ曲も難しいけどシンフォニーも難しそう。地味でもこういった曲を今後も定演で取り上げてほしいなぁ。思ったよりはるかに聴き応えがある。
第4楽章:幸せだったシューマンの精神状態を表す力強い楽章。第1楽章のテーマを入れるのは、ベートーベンの影響かな。塚響、お疲れ様。今日は前回と違ってずいぶん楽しませていただきました。ありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝 宝塚響定演

宝塚交響楽団のみなさん、定期演奏会おめでとうございます。
 私も一度で良いからオーケストラで楽器を鳴らしてみたいです。弾いてみたいなどとおこがましいことは言いません。聞くところによると、ビオラならメンバーが少ないので、そこそこの腕前でも歓迎してもらえるとのこと。その節は宜しく。
 これから楽器を買って練習してと言うことですから、いつになるかは誰にもわかりません。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。