AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その99

「じゃー、練習試合ある時、寄ってやるよ」
「え?」
「せっかく、おいしいお好み焼き食べれてたのに、小西さん、また呼んでよ」
「あ、はい」
「近くに来たら、応援に来いよ。北夙だけでなくてもな。みんなも喜ぶやろ。小西さん、いなくなっても、あの会が続いたらうれしいやろ」
 菜はつながりが切れなかったの素直に喜んだ。だが、何か方向が違う気がする。でも、続くのはうれしい。ちょっと複雑な大人の感覚。
「じゃーな。あ、さっき手紙いらんて言うたけど、やっぱりちょうだい。地図も書いといて。じゃーな」
 吉田君、振り向きもせず教室から出て行った。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。