AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隅田隆史先生

 中3の時、学校を120日休みました。病名は突発性腎炎。ようするに原因不明の腎炎です。和歌山県立医科大学付属病院に入院もしました。その時の担任が隅田隆史先生。バスケットボール部の顧問でした。かっこ良くって生徒から男女を問わず人気がありました。25才くらいの若い先生です。
 修学旅行に行けなかった私のために「バスの中ではこんな歌を唄ったよ」と、何曲も何曲も唄ってくださいました。私はじっと聴いておりました。先生は音痴でした。先生は私が音楽を得意とするのをご存じなかったようです。
 120日休むと進級出来ません。つまり、卒業できない。その私のために隅田先生は学年主任、校長に掛け合ってくださって、卒業できることになりました。
「おまえは、きっと高校入試には合格する。でもな、面接があって、休みの事を聞かれたら60日と答えろ。俺は120日を60日と書き間違えてしまった。まー、人間がする仕事、書き間違えることはある。わざとだと公務文書偽造で罰せられる。でも、これは書き間違いだ。もう一度言う。おまえは60日しか学校を休んでいない。わかったな」
 おかげで和歌山県立海南高校に入学できました。大学を卒業してもたまにお会いしました。ある日。
「俺な、おまえと同じ病気になったわ。腎炎。やっかいな病気やな」
 私の腎臓は40才までしか持たないと入院していた時に教授の先生に言われました。腎炎、確かにやっかいな病気のようです。運よく私(54才)はまだピンピンしています。
 年賀状のやり取りは毎年していました。今年は来ませんでした。気にもしていなかった。忌中かな、と。先日、やっぱり忌中の葉書が届きました。差出人は奥様でした。私は1時間以上涙が止まりませんでした。15才の時の大げさに言えば命の恩人です。心よりご冥福をお祈りいたします。合掌。
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。