AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団 第48回定期演奏会

宝塚市交響楽団 第48回定期演奏会
2010年11月28日(日) 14時
会場:いたみホール
指揮:金 洪才(キム ホンジェ)
曲目:
ムソルグスキー:禿山の一夜
ビゼー:交響曲ハ長調
ボロディン:交響曲第2番 ロ短調

ムソルグスキー:禿山の一夜
幼稚な曲ではあるがたまには、いいかもというレベルの曲。わざわざ聴くほどの曲ではない。中学校、高校の吹奏楽部のコンクールレベルの曲。金氏は交通整理が上手。過激な動きは一切なくオーケストラをドライブしていく。宝塚市交響楽団も応えようとしていた。いつもの定演とは一味違う。

ビゼー:交響曲ハ長調
深刻さからは無縁の曲。さすが天才、習作レベルからこのように立派なシンフォニーを書くなんて、とか巷では言われているが、つまらない曲である。この作曲家が後年殺人事件をテーマにしたオペラを書くんだからわからない。しかし、こういった作品の積み重ねで「カルメン」が出来たと言えないこともない。今日の宝塚市交響楽団は、よく鳴っている。金氏は塚響の良い部分を引き出し、あかんとこを目立たせないのがうまい。

ボロディン:交響曲第2番 ロ短調
出だしは何やら東映の怪獣映画のBGMような音楽。弦楽四重奏曲によく似た一節があったが、聴いていて楽しい曲ではない。心が動かない。アマチュアオーケストラである以上、実験的なアプローチ、チャレンジは必要だろうが、今日のようなプログラムはもうやめて欲しい。金先生がもったいない。超絶的な技能を堪能できる(たとえば純子氏)集団なら良いが、えっちらおっちらではこちらも疲れる。1曲で良い。優れた作品を入れて欲しい。有料である以上、聴衆の身にもなってほしい。次回、プログラムには神経を使っていただきたい。2級品のオンパレード、マスターベーションはつまらん。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

見事

言い切りましたな!マス○○○○○○。すっきりと演奏者も聴衆も楽しめる演目を一つ。次回お願いいたしまふ!
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。