AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№31

 10月中旬、吾妻寿司で西田氏と燗酒を飲んでいた。
 「泉さん、やっと解体終わったね」
 「西田さん、オープンまで程遠いです」
 「いやいや、11月初めには開店にこぎつけるって」
 予定ではすでにバーが完成しているはずだった。11月初めかぁ。本当に出来るのかなー。早く完成しないと空家賃もいるし西田氏のギャラ=昼飯、晩飯代もバカにならない。
 「これからは、コンサートの仕事がちょくちょく入ってくるんだ。ワリーけど手伝えない日が多くなる。すまんなー」
 はぁぁぁぁ?ウソでしょう。冗談だって言ってぇ。
 「カウンターの土台作りがむずかしい。ま、それは二人でしないと無理だわな」
 西田氏はロングピースをふかしながらつぶやいた。
 「図面できてんだろ。見せてみなよ」
 私はカウンターの位置と厨房機器の配置が書いてある図面を広げた。図面はいつも持ち歩いていた。
 「ん?L字のカウンターか。このLの所をふくらませて中山とトランプして遊ぶようにしねーか」
 あぁ、西田さんはお座敷バーの続きがしたいんですね。私は姫路の鼎を目標に本格的なバーがしたいのに。
 
スポンサーサイト

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。