AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その58

 新学期早々、家庭訪問があった。家に上がらず玄関先で軽く話す程度。
「菜は、わがままで…、すみません」
 山岸先生に会って和子は謝ることから始める。1、2年生の時には本橋先生によく思われていなかった。先に謝ったほうが気が楽。
「小西さんはやや神経質ですね。わがままとは質が違います。家庭で何か問題はないですか?」
「いえ、家事をよく手伝ってくれます。弟の面倒も。最近、わたし、体調が思わしくなくて…。自分の娘の事を言うのもなんですが助かってます」
「体調?お痩せですが何か?」
 山岸先生から見て、菜の母がかなり痩せているように見える。
「はい、ここ3ヶ月ほどで急激に痩せました。食欲がないと言いますか」
 天然の母、和子は菜の家庭訪問であることを忘れ、自分の事をしゃべりだした。
「一度、総合病院へ行かれては?」
「はー、そうですね」
「まー、小西さんは学校でも特に問題はありません。何かあったら学校まで連絡ください」
 山岸先生をお見送りして和子は大きくため息をついた。和子は思う。病院行かなければならないかしら、入院にでもなったら子供3人どうしたらよいのか、自然に治るかも…、しかし最近特に調子が悪い、明日近くの内科に行こう。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。