AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団第47回定期演奏会

2010年6月13日 日曜日14時開演
於:アルカイックホール
指揮:中井 章徳
ヴァイオリン:清水 公望
モーツァルト:喜歌劇「後宮からの誘拐」序曲 K.384
サンサーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調作品61
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」

本日は最近私が凝っているツイッター風に。失礼な表現お許しを。

モーツァルト:喜歌劇「後宮からの誘拐」
ヴァイオリンの細かい表現がww。

サンサーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番
ソリスト清水公望。えげつない才能。以前聴いた県西の定演の時にはそんなに思わなかった。県西2期生のクロアキに匹敵するか。しかし表現はまだ深く出来る余地あり。
第1楽章 インテンポすぎ。 
第2楽章 清水、非常に美しい音色。ヴァイオリンもピアノも音色は天性のもの。
第3楽章 もっと熱く下品に。
素晴らしい音楽家を多数輩出した県西音楽科。清水公望もその内の一人。はたして世界に羽ばたけるか。本人の努力と運。
万雷の拍手。ま、当たり前。
拍手鳴り止まず。お、アンコール。バッハ無伴奏。
音程も天性。バッハを弾く。無伴奏を弾く。お父さんとお母さんに感謝しましょう。

ベートーベン:交響曲第6番。う~ん。難しい曲やなぁ。
フィナーレ ホルンっ。あぁ。
色々ありましたが、熱演には違いない。今回は古典中心の演目。ごまかしきかない分、力量が出やすい。今後も古典大切に。指揮者は教科書的なきれいな指揮。テクニックはいらん。中身。心をえぐる。聴衆、団員、そして自分。

南伸坊フルート、ふぁごっとね~ちゃん、スタンド。
終演。やっぱ、アマチュアの中では一流やな。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。