AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

84年カレラのリード

 さて、72年のロマネコンティと同時に開けたのは、84年カレラのリードです。カリフォルニアワイン。ブルゴーニュでワイン作りを行っていたジョシュ・ジェンセンが、カリフォルニアでシャルドネとピノノワールに適した石灰質土壌をNASAの人工衛星を使って探したといわれています。またぶどうはロマネ・コンティの苗木を接木なしに移植しています。本家のワインに比べてはたしてどうかな。このワインを開ける前に丸橋さんは「カリフォルニアワインは熟成するのか」というテーマを出してくれました。ワイングラスに注がれたリード。熟成してました。強烈。動物臭。なめし皮。その奥にフルーツ臭もします。このワインは高いぞ、そんな主張が感じられました。本家のロマネコンティとはそこが違います。良家のお嬢さん対金持ちのお嬢さん。でも、とても楽しいワインでした。飲む時間につれて変化して行きます。味わいはくっきり、はっきり自己主張してきます。ロマネコンティとカレラを比較できて幸せでした。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。