AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉川隆弘ピアノリサイタル

2010年4月28日 
於:西宮プレラホール
ベートーヴェン:ソナタ第14番 cis-moll op.27-2「月光」
       :ソナタ第17番 d-moll op.31-2 「テンペスト」
シューマン:謝肉祭
ショパン:バラード1番、ワルツ

 吉川隆弘氏は弊店常連山畑誠氏の東京芸大時代の同級生。
 ベートーヴェンに関しては、イ音(7度、4度、2度の不協和音程)、ドミナンテ→トニカの古典和声の基本の進行に立体的な陰影を強調した演奏でした。年末にこの曲はイタリアからCDとして発売されるらしい。今回も完璧に近い演奏でしたが、今後は破綻と完璧の間をギリギリ潜り抜けるようなスリリングな演奏を期待します。
 後半のシューマンは、彼は、ロマン派が大得意なのかも。のびのびとした中にユーモラスな表現を織り交ぜた演奏でとても楽しめました。ショパンのバラード1番を聴くのは2回目かな。ええなー、軽々と弾けて。うらやましい。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。