AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その33

「万膳をぬるーい…」
 その男はいつもぬるくと指定して芋焼酎のお湯割を飲む。
「あ、マスター、すみません。もう少しぬるく…。今度は万膳庵を…」
 焼酎オタクと思いきや、スコッチもワインも飲む。背は高い。180は軽くあるだろう。
「今、おいくらですか?」
 薄給なのか。彼はお勘定を気にしながら飲む。菜穂子がいた時から通ってくれていた。夙川のほうで洋食屋さんの店長をしていると聞いた。
「では、真鶴をお湯割で…」
 途中の金額を聞いて安心したのか、にっこり笑ってまだまだ飲み続けようとしていた。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。